相互リンク Saza-e

相互リンクは「SEOに役立たない」「ペナルティを受ける」などという声がありますが、基本的なルールを守って相互リンクを依頼したり、リンクを受け付けることは現在もSEO対策として充分に効果があります。どういった例が良くなくて、どのような依頼の仕方が良いか考察していきます。

当サイトでも相互リンクを受け付けています。是非リンクを張ってください、こちらからのリンクは自動認識で即座に完了します。もちろん不正な張り方やインデックスされていないページにタグを貼っても後日確認いたしますので、真面目にリンクしたい方のみお願いいたします。

ジャンルは問いませんが、公序良俗に反するサイトや違法的なコンテンツが掲載されている場合は削除しますのでご了承下さい。ルールとマナーを守って正しいリンクを増やしましょう。



・相互リンクのマナーとルール

相互リンクを依頼する場合は、メールやそのリンク集を運営しているサイトのメールフォームから依頼することが多いですが、最低限抑えておきたいポイントを解説していきます。

・相手のリンクを張ってから応募する

当然といえば当然ですが、お願いする立場ですので先にこちらからリンクを張ってそのページを相手にわかるように説明して丁寧に依頼するのがマナーです。こちらにはリンクを張らずにお願いしても無視されるでしょう。社会人としてのマナーレベルの話です。

・自サイトのリンクページのリンク数と整備されているかチェック

依頼するときに相手がリンクしたページをチェックした際に、リンクすうが1ページ50を超えているとなかなか集客も見込めませんし、検索エンジンにも低評価になります。1ページあたり30くらいに抑え、相手サイトの説明文もきちんと書きましょう。

また、カテゴリ分けも大事です。リンク集をカテゴリ別に整備して相手のサイトにも意義のある運営を心がけましょう。例えばグルメのオンラインショップと相互リンクするのに、そのリンクページが金融関係やブライダル関係のサイトなど煩雑にリンクしているとユーザーの為にもなりません。同じ分野のサイトをカテゴリ分けするのがコツです。

・相互リンクのコツ 相手が喜ぶように

コツは最低限のマナーと、そのリンクページが主要検索エンジンにインデックスされているということを証明して依頼すると、相手も安心です。例えばGoogleやYahoo!Japanのそのリンクページが検索結果に現れているということを知らせると理解しやすいです。

リンク集1